BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

たかのてるこ

Profile

「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、60ヵ国を駆ける旅人。 映画会社の東映に勤める傍ら、プライベートで旅した映像をテレビ局に売り込み、本人が〈旅人〉と〈制作〉を兼任した旅番組(『銀座OL世界をゆく!』シリーズ)として放送する等、ユニークな活動を展開。デビュー作『ガンジス河でバタフライ』は、今や旅立つ若者の“旅のバイブル”となり、スペシャルドラマ化もされ話題に(のちにDVD化)。

2011年7月、18年勤めた東映を退社し独立。世界中の人々の魅力や、日本のすばらしさを伝える、ラブ&ピースな“地球の広報”として、紀行エッセイの出版、TV、ラジオ、講演、大正大学の非常勤講師など、幅広く活動中。
公式ホームページ】 【TABI-LIFE

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅に恋してリアルに出会う



会社勤めの傍ら旅を続けるうち、思いがけず〈旅人・エッセイスト〉になり、“旅好きのバイブル”となるような本を出していた。2000年に出版された、たかのてるこさんのデビュー作『ガンジス河でバタフライ』は、15万部超の人気を誇る旅エッセイとなり、読者の熱い要望に応えてついに電子書籍化されるほどになっている。「好きなこと」をライフワークにして60カ国を駆け巡る、旅への熱い思い、1人旅の効用、意外な交友関係、本にツッコミを入れる独特の読み方など、とことん話していただきました。

インドで映画館が揺れるほどの一体感で踊る人々を見て、東映に入社


――たかのさんは、つい先日、海外から帰ってきたばかりとお聞きしましたが、どちらへ行かれたのですか?


たかのてるこ氏: 今年の正月はハワイのカウアイ島で迎えたんですが、その後、取材でインドへ行ってヨガ&アーユルヴェーダ、帰ってから南米へ行って‥‥おかげさまで旅ガラスな日々です(笑)。南米へはピースボートに招待されて、今回初めて乗ったんですが、船旅の前後に、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ニューヨークを寄り道してきました。

100日かけて世界一周するピースボートには、池上彰さんとか鎌田實さんとか、いろんな分野のスペシャリストが入れ替わり立ち替わり乗ってきて、船上で講演されるんですが、私もそのひとりで、飛行機でブラジルまで飛んで港で合流し、船上で3日間講演してきたんです。朝から社交ダンスをレッスンしてるグループがいたり、太極拳やってたり、ヨガやってたり、みんな好きなことをやってて、いろんな世界があるんだなぁと思いましたね。

――船上では、どんなお話をされたんですか?


たかのてるこ氏: 「一人旅の素晴らしさについて」ですね。ピースボートに乗っているお客さんは、ひとりで海外を旅する勇気はないけど世界中行ってみたい、という人が多いので、ピースボートに招待してもらったのに、「今度はぜひ、ピースボートではなく、ひとり旅をしてみてください」と熱く語ってきました(笑)。
ピースボートに乗れば世界中に行けますが、たとえば1週間の船旅を経て、ようやく次の国に着いても、その国で下船できる時間がたった1日だったりするので、もったいないなぁと思って。

――1人旅の魅力はどんなところにありますか?


たかのてるこ氏: ひとりで旅をすると、現地での出会いが多いことですね。たとえば、ツアー旅行だと、ガイドさんもお客さんもみんな日本人で、ずっと日本人と一緒にいることになるので、現地にどっぷり浸かることができず、日本の快適さの中から外国を眺める、みたいな感じになってしまいますよね。
昨夏、原点回帰で久しぶりに1人旅に出て、ヨーロッパ21ヵ国を約2ヵ月かけて鉄道で回ったんですが、やっぱり一人旅はいいなぁとつくづく思いました。

――自由自在に海外に行かれているように見えますが、もともとはどんなお子さんだったのでしょう? 昔から旅が好きだったんですか?


たかのてるこ氏: もうすごく気が小さくて。今も基本は小心者ですが、旅をするようになって変わってきましたね。子どものころから、旅にはずっと憧れてました。絵本やアニメに、旅の話がよく出てきますよね。『桃太郎』とか『金太郎』、『一寸法師』、海外の童話も『ジャックと豆の木』、『アラビアンナイト』、『ガリバー旅行記』とか、最近のアニメでも『ワンピース』、昔で言うと『銀河鉄道999(スリーナイン)』、古今東西、おとぎ話とかアニメは、旅をモチーフにしたものが殆どですよね。

『桃太郎』でも『ルパン3世』でも、旅に出る時、初めは1人じゃないですか。それで途中でキジや猿とか愉快な仲間たちに出会って道連れができたり、旅先での出会いや別れがあって、ひと回り大きくなって帰ってくるストーリーですよね。だから、海外へひとり旅に出て、小心者の自分とオサラバしたい!世界を股に駆けるような旅人になりたい! と思ってました。まだ、“旅は男の特権”みたいなイメージがありましたけど。

――たかのさんのご登場でだんだん女性も旅に出るようになってきたと思います。はじめ映画会社に就職されていますが、どんなきっかけだったんですか?


たかのてるこ氏: 学生時代のインドひとり旅がきっかけですね。当時、ちょうど就活前だったんですが、インド人は、映画館で歌ったり踊ったりしながら映画を見るんですよ。特に、大ヒットしてる映画の場合はものすごいフィーバーぶりで、映画館が本当に揺れるんです(笑)。それを見て、こんなに老若男女の気持ちをひとつにして、一緒にハラハラドキドキさせることができる映画っていいなと思って。

――その時の体験を『ガンジス河でバタフライ』という本に書いて話題になられたわけですが、本当は映画よりも旅がお好きだったんですか?


たかのてるこ氏: 就職する時は、旅の仕事か映画の仕事か迷ったんです。まぁ迷うも何も、就活を始めてみたら50社以上の会社に落ちて、受かった会社に入っただけなので、迷うこともなかったんですけど(苦笑)。当時、したり顔の大人が、「一番好きなものを仕事にすると、趣味ではなくなって、好きなことを失うよ」なんて言う人がいて、旅が嫌いになったらどうしようと悩んだりしましたね。旅を仕事にするといっても、出版社に入れば、海外取材に行けるかも、ぐらいしか思いつかなくて。映画会社と出版社を受けまくって、唯一拾ってくれたのが東映だったんです。

――それが大きなターニングポイントになったと思われますか?


たかのてるこ氏: きっと、生まれ変わっても東映に入りますね。東映に入ってなかったら、こんな風になってなかったと思いますから。でも、生まれ変わって東映に入っても、やっぱり18年と3ヶ月と10日で辞めると思います(笑)。辞めたことを1ミリも後悔していないけど、入ったことも後悔してないです。もう本当に、ちょうどよかったと思います。忙しくて退屈する暇もない、あっという間の18年でしたし。

著書一覧『 たかのてるこ

この著者のタグ: 『旅』 『海外』 『健康』 『エッセイ』 『きっかけ』 『ピースボート』 『国際結婚』 『夢』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る