BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

浜田和幸

Profile

1953年生まれ、鳥取県出身。東京外国語大学中国科卒業。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、2010年参院選にて鳥取県から立候補し当選。総務大臣政務官、外務大臣政務官兼東日本大震災復興対策推進会議メンバー、国民新党幹事長(兼代表代行)を経て、現在無所属。専門は「技術と社会の未来予測」「国家と個人の安全保障」「長寿企業の戦略経営」。未来研究の第一人者として、政府機関、経済団体、地方公共団体等の長期ビジョン作りにも、積極的に協力している。 ベストセラーとなった『ヘッジファンド』(文春新書)をはじめ、『快人エジソン』(日本経済新聞社)、『たかられる大国・日本』(祥伝社)など、著書多数。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼関係を築くためには、直接会って話すことが大切



現在参議院議員を務められる浜田さんは、国際政治経済学者として長年ご活躍されてきました。東京外国語大学外国語学部中国語学科を卒業後、新日本製鐵に入社。ジョージ・ワシントン大学大学院では政治学を学び(博士号)、アメリカの戦略国際問題研究所や、同国連邦議会調査局での仕事も経験されており、国際関係、なかでも日中関係のエキスパート。テレビやラジオでもコメンテーターとして人気を博し、「たけしのTV タックル」などへも出演されています。著書には、ベストセラーとなった『ヘッジファンド』をはじめ、『石油の支配者』、『恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く』などがあります。多岐にわたる問題を本質的に解決していく浜田さんに、本への思いや、世界が抱える課題などについてお聞きしました。

あらゆる情報を集め、お互いの思いをぶつけ合う


――様々なお立場で議員を経験されていますが、参議院議員の浜田さんの強みはなんでしょう?


浜田和幸氏: 国会議員と言っても生身の人間ですから、持っている時間は1日24時間、1年365日、これは誰にでも共通に与えられている無形財産です。それをどうやって最大限に生かすかということを考えると、自分にとっての優先順序というかプライオリティが大切になります。私は今参議院議員ですが、大きな政党に属してないがゆえに自由に時間を設定できる強みがあります。これまで自民党や国民新党を経験し、今は無所属です。おのおのメリット、デメリットがあります。ですから、今自分が置かれている「自分で考え、自分で行動できる環境」を最大限に生かし、自分を選んでくれた有権者の方々のためにも精一杯頑張りたいと思っています。

――比較的長い任期を持つ参議院議員で、どういった視点をお持ちでしょうか?


浜田和幸氏: 参議院議員は6年間の任期があるわけですから、短期的な目標だけではなくて中長期的な観点から、日本やアジア、そして世界に貢献できるような日本のあり方をしっかり議論し、政策として実現せねばと思っています。つい先日のクリミア情勢など、刻一刻と変化する国際情勢の中で、常に世界が今どういう課題に直面しているのか、日本が世界から何を求められているのかといったことを、冷静に判断することが大切です。中国がなぜこれだけ日本に無理難題を言ってくるのか。あるいは韓国やロシア、アメリカからも、歴史認識やTPPなどをめぐり、自分たちの都合のいいような主張をゴリ押しされている側面もあります。彼らは一体なぜそういう身勝手な政策を日本に対してぶつけてくるのかを理解することが重要です。それには相手の立場に立って考えるという発想が欠かせません。

――自国の立ち位置を考える時、浜田さんの場合、どういったことを心がけていますか。


浜田和幸氏: 国や個人に関わらず相手(国)の立場に立って考えるためには、新聞や雑誌、ネットなど、複合的なソースから情報を集めることが必要となります。もちろん日本の新聞にも様々な報道がなされていますが、それは日本の編集者や組織のフィルターを通してのものですから、必ずしも実態が正確に反映されているとは限りません。またスペースも限られているので、情報量といっても氷山の一角にもならないくらいです。ですから、新聞から得た情報を、自分なりに補うことも大事で、特に海外の非日本的な情報をできるだけ広く集めるという努力も有意義です。しかし、いくらメディアの人々が取材をして書いたとしても、生身の人間が関わってこないと、例えば、オバマ大統領が何を考えているのかという本音の部分はなかなか分かりませんよね。となると今度は、オバマ大統領に近い人、オバマ大統領のアドバイザー、あるいはスポンサー、そういった人と個人的な信頼関係を築くことで、他では得られない情報を常にギブアンドテイクで入手していくための時間が必要になるでしょう。政治家だけの仕事をしていたのではそうした国際的な人脈を活かした情報収集は難しいと思われます。私の場合には、国会議員になる前から30年以上にわたり、海外の人たちとも接点があったので、それを今最大限に生かしています。



――どのようにして、信頼関係を築かれたのでしょうか?


浜田和幸氏: 直接会って話をするという人間関係を、国の大小は関係なく、多くの国で築いてきました。世界中には198もの国がありますが、そこで生きている人は基本的にみな同じ生命体です。肌の色や宗教が違っても、人間としての生を受けた限りは、家族に対する思いや、自分の生まれ育った地域に対する思い、自分の国がもっと強く豊かになってほしいとの願い、そういった共通の部分はあるわけです。そういう中で、お互いがどういう力を合わせていけるかというところで、まずはお互いの思いをぶつけ合う。その中できちんと約束を守り、相手の触れてほしくないことにはあまり触れないという思いやりがとても大事になってくる。私は世界の友人たちと毎日何十通ものメールのやり取りをし、電話でも話をしています。また、お互いに訪ね合い、交友関係を深めています。おそらく、私は国会議員の中で一番多く海外に行っているのではないでしょうか。

ペンパルをきっかけに、世界中と繋がる


――外国の方との交流を図るため、様々な国へ行かれたと思いますが、何カ国くらい行かれたのでしょうか?


浜田和幸氏: これまで120近い国を回りました。東京外大に通っていた頃はアルバイトをしてお金を貯め、一番安いチケットを手に入れ、ペンパルで親しくなった人のところに泊めてもらいながら世界を旅したものです。

――外国との文通を通して人脈をつくっていたのですね。


浜田和幸氏: 当時は多くの雑誌に「文通の相手、求めます」というコーナーが必ずあったものです。「日本ペンパル協会」もありました。国内だけではなくて、世界中から文通相手を紹介してくれるので、台湾やアメリカなど、さまざまな国の人と手紙をやり取りしていました。ある程度親しくなってからホームステイをさせてもらい、さらに関係が親しくなりました。そういうことから始まって、世界の国々を直接訪ねて回ることになったわけです。

雑誌から学んだ、日本と海外の違い


――小さい頃から活動的だったのですか?


浜田和幸氏: そうでもありません。父は国鉄の職員で、実業団野球の世界では花形ピッチャーで、母は農家の出身です。実は、わが家には本が1冊もなく、世の中に「本」があるということも知らずに育ったものです。とにかく、小・中学生の頃は野球少年でした。でも中学2年の頃に父が肩を壊して、ノンプロの世界でやっていけなくなったのです。昨日まではファンに追いかけられる人気稼業だったのが、今日からは駅のトイレ掃除係という具合で、取り巻く環境が一気に変化した感じでした。母はそれを悲観して具合が悪くなってしまうし、家の中が一挙に暗くなり、「野球だけで生きていくのは厳しいものがあるな」と子どもながらに思いました。そういうことから、遅まきながら勉強もしなくちゃいけないと、中学3年の時に一念発起、勉強を始めたわけです。

――本との出会いはいつだったのでしょうか?


浜田和幸氏: 中学の3年で勉強を始めて、参考書や問題集を買わなくちゃいけないと、初めて地元の本屋さんに行った時、「あ、本っていうものがある」と認識しました。その本屋には旺文社の世界と日本の名作文庫が置いてあり、有島武郎の『生まれ出づる悩み』を見つけて、「こんな世界があるんだ」と衝撃を受けました。「こういう知らない世界を旅するには本は欠かせない」と思ったのです。それ以降、学校の図書館や古本屋さんにも通い、受験勉強の傍ら手当たり次第に乱読しました。

――米子東高校に進学されてからはどのような本を読まれていたのですか?


浜田和幸氏: 三島由紀夫の本を読みました。ちょうど高校生の時に市ヶ谷の自衛隊で割腹自殺があったので、なぜ彼がそういう道を選んだのか、その思想遍歴をぜひ知りたいと思って、彼の本を手に取りました。特に『美しい星』には想像力を刺激させられました。そのストーリーに触発され、舞台となった能登まで実際に行ったくらいです。最初は日本の作家の本を読んでいたのですが、だんだん英語も勉強するようになり、海外のものも読むようになりました。一番衝撃を受けたのは、三島由紀夫の割腹自殺の時に彼の首を森田必勝が切り落とした生々しい写真が載っていた雑誌です。首と胴体が分かれている写真をアメリカの『TIME』という雑誌が載せていたんです。日本では新聞でも雑誌でも切り落とされた首の写真なんてとてもじゃないけど、載せませんよね。その雑誌を、米子東高のグラウンドのすぐ下にあった教会で見たんです。ブラウンさんという神父さんが、簡単な英語で聖書を教えるという教室を開いていまして、普段は簡単な英語で書いてある聖書を読んで、キリストの教えを学んでいたのですが、聖書の勉強が終わると様々なアメリカの新聞や雑誌、本などを見せてくれたんです。そこで三島の写真を見ました。

――その写真を見た時、どういうことを感じましたか?


浜田和幸氏: すごい衝撃で、「アメリカとか世界は、同じニュースを伝えるにしてもこういうところまで入り込んで、そういう写真まで載せるのか」と、日本で見ている新聞や週刊誌などとは全然違うなと思いました。そういうことがあったので、大学に入ってからは、世界を自分の目で見、異なる文化や価値観の人たちと直接会ってみたいという思いが高じてきました。

――東京外大の中国語を選択されたきっかけは、なんだったのでしょう?


浜田和幸氏: 当時「100万人の英語」という旺文社がスポンサーの文化放送のラジオ番組の東京からの電波が、鳥取県には夜だけ届き、聞くことができたのです。田舎ですから予備校もなく、大学受験のためにそれを一生懸命聞いていると、中国大陸からの北京語放送も混ざって流れてきます。そうやって無意識のうちに、中国語を耳にしたので、自然に馴染んだのかも知れません。「中国には3000年の長い歴史があり、日本も漢字はもとより法律や都市づくりのノウハウなど大陸文化を吸収してきました。今は文化大革命で混乱してはいるけれど、いつまでもそういう状況は続かないだろう。これからは隣国である中国と仲良くする必要がある」と、その当時に強く思った記憶があります。

――大学卒業後、新日鐵を選ばれた理由はなんだったのでしょうか?


浜田和幸氏: 当時の稲山会長が、戦争中の日本と中国の関係性に言及し、「一種罪滅ぼしという意味で最先端の鉄を作る技術を教えよう」という発想に立ち、ドイツと協力して製鉄所を造ることになりました。そういう現場で働けば、日中関係の強化に役立つに違いないと思い、応募した次第です。

――新日鐵ではどのようなことをされていたのでしょうか?


浜田和幸氏: 中国側の意向は「日本から技術協力の支援が得られるなら、最先端のものが欲しい」ということでした。そこで、中国から数百人規模で現場の工長さんや作業長さんを招いたのです。日本の技術を教える前に、まずは日本人のものの考え方や規律を学んでもらうために、寮に入ってもらい一緒に生活をしながら日本式の価値観を学んでもらいました。でも当時は中国に技術を出すということに対して、一部の勢力からは「とんでもない」という意見がでていました。当時、広畑にある製鉄所で中国の研修生を受け入れていたのですが、会社から「君たちが盾になって中国の人たちを守りなさい」と言われました。ある意味で命がけでしたね。

50通もの手紙を書いた思いが通じて、初めてアメリカへ


――では最初の外国もやはり行き先はやはり中国へ?


浜田和幸氏: いえ、実は最初に選んだ行き先はアメリカ合衆国でした。当時のアメリカ文化で一番象徴的だったのは『PLAYBOY』という月刊誌でした。一番心を動かされたのはそのインタビューページでした。毎号、政治家やビジネスマン、それからスポーツマンや文化人などの、とてもディープなインタビュー記事が載っているんです。ジミー・カーター大統領もインタビューを受けて、「奥さん以外に魅力的な女性がたまたま通りかかった時、何か気持ちが動きませんか?」というような質問に、すごく素直に答えていました。でも、結局それが元となって彼の政権が陰るようになってしまったんですけれども。そういった政治的なインパクトをもたらすぐらいのインタビューを『PLAYBOY』は載せていて、日本にはない大胆なアプローチに感銘を受けました。そこで、ペンパルの経験があったこともあって、『PLAYBOY』の創業者であるヒュー・ヘフナーに話を聞くために手紙を書いたんです。

――そして返事が…?


浜田和幸氏: 書いても、書いても、返事がこない(笑)。10通が20通になり、20通が30通になって。そして、50通目ぐらいの時にようやく返事がきたんです。それは「君はあきらめが悪いみたいだな。しつこいから見込みがあるかもしれない。ぜひこっちに来い」という内容でした。「やった!」と思って、生まれて初めてアメリカに行ったんです。やっとのことで人生初の海外であるニューヨークの空港に辿り着いたのですが、今度は「グレートゴージュというところにプレイボーイのリゾートクラブがあるから、そっちに来い」と言われたので、とりあえずタクシーを拾って向かいました。グレートゴージュというところは、ニューヨークから百数十キロメートルも離れた場所にあったので、着いたころには財布はすっからかんどころか、足りない状況でした。フロントで事情を話すと、ヒュー・ヘフナーとつながり、タクシー代はもちろんの事、その後の宿代まで「カズユキ・ハマダを客人としてもてなせ」という指示のもと、すべて面倒を見てもらいました。その太っ腹ぶりは嬉しい発見でした。

――プレイボーイリゾートクラブでの滞在はいかがでしたか?


浜田和幸氏: 家族連れのお客に加え、企業の人たちも研修会場として利用しており、すこぶる健全な雰囲気でした。みんながスポーツや食事を楽しみながら、明るい社交を繰り広げていて、とても感心したものです。家族の絆や、団体、企業の人たちのネットワークの輪を大事にする場を、プレイボーイクラブが提供している現場を目の当たりにし、驚きました。
その上、バニーガールと呼ばれる接客の女性たちはみんな、自分の夢を持っていて、その夢を実現するためにクラブで働いているのです。プレイボーイクラブはとても待遇が良いことでも知られていました。またマニュアル化が進んでいて、お客さんに対してどういう姿勢、ポーズでメニューを見せ、お酒や料理をサーブするか、といったことに至るまできちんとトレーニングされている。お金を貯めて自分の目指す大学に進学し、自分の願う仕事を追い求める人がたくさんいることを知りました。実際、当時出会ったバニーガールの一人がその後、ワシントンのNIH(国立衛生研究所)で研究部長になっていることを聞かされ、大いに納得したものです。

重要なのは、自分で考えたことをコミュニケーションで確認していくこと


――雑誌『PLAYBOY』は、浜田さんの人生の中の大きな節目にあったんですね。その後、どんな本を読んでこられましたか?


浜田和幸氏: ピーター・ドラッカーの『すでに起こった未来 変化を読む眼』は印象的でした。まずネーミング。これからの未来がどうなるのかということは、みんな関心があるでしょうが、この本では「未来というのはもうすでに起こっているんですよ」と書かれているんです。
この間、安倍総理がスイスのダボスに行きましたよね。ちょうど今年は第一次世界大戦100周年で、「日中で今向き合わないと、下手すると大きな戦争になりかねませんよ」というような発言に尾ひれが付いて、問題になりました。この本には「1914年当時の旧ソビエトとドイツとの交渉に関する文書を見ると、お互いが何を考え、何を求めているのかという情報は山のようにあったことが分かる。そういった情報はあったのに、コミュニケーションが成り立っていなかったのがこの戦争の原因だ」ということが書いてあるのです。相手が何を求めているのかということを理解する情報はあるのに、それをきちんと受け止めて「相手を理解しよう」という努力がお互いに欠けていたと彼は分析しています。

――現在の日中関係も同じなのでしょうか?


浜田和幸氏: ソビエトはソビエトの中で、ドイツはドイツの中で、おのおのの国家指導者が国民との間でのコミュニケーションすらしっかり取っていなかったということを考えると、確かに今の日中関係はかなり厳しいと言えます。「中国との対話のドアを常に開けている」と安倍総理はおっしゃいますが、それがきちんと相手に伝わっていなければいけないと思います。日本側も中国側も「自分たちの立場の方が歴史的に正しいものだ」と言って、文書あるいは記録を出してきても、相手が「そうじゃない」と言ってしまうと、過去の歴史から学んでいないということにもなります。情報は有り余るほどありますが、まずは国内で、もちろん海外でも、お互いにコミュニケーションを図っていくことがとても重要だと思います。

――膨大な情報をどのように扱えばよいのでしょうか?


浜田和幸氏: 私は以前から「ナイアガラの滝のごとく情報は降り注いでいる」と思っています。でも、過去に起こったことを確認するための情報と、これから未来に起こることを予測する、備えるための情報というのは、分けて考えないとだめだと思います。ドラッカーの『すでに起こった未来』を読み直してみて、政治の役割とか政治家がコミュニケーションを取ることの重要性に関して、改めて考えさせられました。単なるデータが知識や情報になったりするわけだから、その部分に対して、どうやって自分なりの理解を深めていくのかということが大事。相手がどう反応するかということを含めて、自分なりの情報のレーダーの感度を常に研ぎ澄ませて、自分のコミュニケーション能力を高めていかないと独りよがりで終わってしまう。そうすると、せっかく良い運が近寄ってきているかもしれないのに、それを見過ごしてしまうことになるかもしれない、と思うのです。コミュニケーションということを考える時は、ピーター・ドラッカーが大いに参考になります。

――そういった考え方が、政治活動においての答弁やご質問に反映されているのですね。


浜田和幸氏: 自分の頭で考えること。そして自分で考えたことを多様な人々とコミュニケーション、対話を通じて確認していくということがとても大事だと思います。



限られた時間の中で、納得できる道を生きる


――浜田さんにとって、本とはどのようなものですか?


浜田和幸氏: 本というのは命の泉というか、書いた人、つくった人たちの深い思いが詰まっています。ですからそこからどういうものを引き出すかというのが、ある意味、読者の責任だと思うのです。人間が生きていくためには栄養素が必要です。人間は考える生き物ですが、その考えるヒントを全て自分の中から見つけるというのは不可能。だから、本と向き合って考えるヒントをもらうのが一番確実な方法だと思います。著者は自分の全精力を投入して毎回毎回苦しみ、もがきながら書いていくわけですから、読者にそれを汲み取ってもらえるといいなと思います。読み手の側も真剣勝負で著者と向き合っていただきたい。そういう意味では本に出会うというのは、自分の人生と向き合うということでもあるのだと思います。

――浜田さんの原動力というのはどこから湧き起こるのですか?


浜田和幸氏: 生まれて良かったなということですね。スティーブ・ジョブズじゃないけれど、人生は限られている。1日24時間、それをどれだけ自分で満足できる形で生かすことができるか。だから、やるんだったらとことん自分が納得できる道を目指そうと思っています。「学ぼう」とか「知らないことをもっと知りたい」、「広い世界を自分で見てみたい」という思いが非常に強いです。

――浜田さんの役割、使命は何だと思われていますか?


浜田和幸氏: 日本人として生まれた運命を背負っているわけですから、自分の生まれ育ったこの日本という国が、世界から信頼され尊敬されるように努力することです。日本には素晴らしい歴史もあるし、人の和、そして自然と共に生きるという素晴らしい価値観がありますよね。世界を唸らせる技術もあるし、まじめな国民性もありますから、そういう日本独自の発想というか美意識のようなものが世界の標準になってくれたら、もっともっと平和で安定した調和の取れた世界になると思います。そういう流れをつくっていくのが、自分に与えられた使命だと思っています。

――世界を見続けてきて、今思うこと、考えられていることはありますか?


浜田和幸氏: 2014年というのはかつてない大きな変化が日本だけではなく、世界で起きると思います。今も激変を続けている環境問題、エネルギー問題、食糧問題など、多種多様な問題が重なって複雑に絡み合い、「起こってほしくない」と思うようなことも起こる可能性があります。だから原発の事故、あるいは大災害などから目をそらしていれば、それでなんとなく済んでしまうというような逃げの姿勢ではだめでしょう。辛いことや嫌なことから目をそらさず、問題にしっかり向きあって考えることで、新しい解決策が見いだせると信じています。

――どのように解決していけばいいとお考えですか?


浜田和幸氏: 日本がこれから世界と向き合う時に、アベノミクスも素晴らしいとは思うのですが、もっとオールジャパンで応援していくという形にならないといけないと思っています。世界が直面している人口爆発、エネルギー危機、食糧争奪戦などの困難な問題についても、日本の独りよがりではなく、みんなで力を合わせて知恵を出し合い、新しい未来を共に創造していくという形になれば、意外な打開策が生まれるはず。私は政治家という立場から、今後も信念をもって、そうした未来社会の実現に向けて取り組みを続けていきたいと考えています。

(聞き手:沖中幸太郎)

著書一覧『 浜田和幸

この著者のタグ: 『英語』 『海外』 『歴史』 『雑誌』 『政治家』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る