BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

夏野剛

Profile

1988年早稲田大学卒、東京ガス入社。95年ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン)卒。ベンチャー企業副社長を経て、97年NTTドコモ入社。99年に「iモード」、その後「おサイフケータイ」などの多くのサービスを立ち上げた。2005年執行役員、08年にドコモ退社。現在は慶應義塾大学政策メディア研究科客員教授のほか、ドワンゴ、セガサミー、ぴあ、トランスコスモス、GREEなどの取締役を兼任。World Economic Forum “Global Agenda Council on Social Media”メンバー。客員教授を務める慶應大学政策メディア研究科では「ネットワーク産業論」をテーマに講義する。2001年ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選ばれる。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全ては「天命」、楽観的でも悲観的でもない


――夏野さんの活動の展望をお聞かせください。


夏野剛氏: 一寸先は闇だと思っているので分かりません。3年後に何をやっているかが、自分でも分からない。そもそも、ドコモに勤めようと思ったこともないし、早稲田出身なのに慶応の教授になるとも思っていなかった。道は色々なことから開けてくるので、その場に行ってみないと視界が得られない。はるか後方から「そこに行ったらこういう視界だろうな」なんて予想することは不可能なので、何となく東の方向に行きたいとか、何となく西の方向に行きたいっていう方角ぐらいは決められますけれど、それ以上はもう行ってみないと分からない。とにかく前に進むしかないですよね。前進しないと風景が変わらない。留まっていてはだめです。僕は目標に向かって一生懸命頑張って、達成しましたみたいな人生ではなくて、翻弄されて生きている。計画しても計画した通りに物事はいかないので、しょうがないですね。いい意味でも悪い意味でも「一寸先は闇」なので、何が起こるか分からない。本人が分からないのだから、周りにも分かるわけはないですよね。



――先が見えないことは不安でもあると思いますが、迷いがある人にメッセージをお願いします。


夏野剛氏: 僕は何かの宗教を特別信じているわけではありませんが、何かの機会が与えられるというのも、一種の「天命」だと思います。その時の社会環境や、その時の役回りが必ず誰にでも巡ってくる時が人生何回もあるわけです。それをやろうと思うか、「危ないかな」と思ってやらないかの違いだと思います。僕は天命に翻弄されて生きていくしかないと思っていて、決して楽観的でもないし、悲観的でもない。これが人生かなと思っています。変化しない人生なんて、望んでも無理です。安定させようと思って努力するぐらいだったら、飛び込んでいって変化の波に乗ったほうがきっと実りは多い。守ろうとしても環境が変化するので守れない。無理な努力をするぐらいだったら、飛び込んでいったほうがチャンスもありますよ。

(聞き手:沖中幸太郎)

著書一覧『 夏野剛

この著者のタグ: 『チャレンジ』 『働き方』 『コンピュータ』 『ソーシャルメディア』 『SNS』 『選択』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る