BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

岩岡ヒサエ

Profile

1976年7月17日千葉県生まれ。2002年、アフタヌーン夏の四季賞にて「ゆめの底」が佳作入選し、月刊アフタヌーン(講談社)に同作が掲載されデビュー。その後、「しろいくも」で月刊IKKI(小学館)第7回イキマンを受賞。2004年、短編をまとめた単行本「しろいくも」(小学館)刊行、2011年には「土星マンション」(小学館)が文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。現在、イブニング(講談社)にて「なりひらばし電器商店」、Nemuki+(朝日新聞出版)にて「星が原あおまんじゅうの森」を連載中。幻想的で繊細な絵の魅力と、確かなテーマのもとに紡がれる物語の魅力で多くのファンを獲得している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者も、自分も気持ち良くなる作品を描き続けたい



岩岡ヒサエさんは、SFやファンタジー、学園ものなど多彩な題材と、温かみのあるストーリーや画風で多くのファンを獲得し、2011年には、『土星マンション』で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞するなど、将来を嘱望されている漫画家の一人です。岩岡さんに、漫画家になるまでの軌跡、執筆のスタイル、電子書籍の登場による創作の可能性等について伺いました。

フランスで「バンド・デシネ」作家から刺激を受ける


――つい最近、フランスにいらっしゃっていたそうですね。


岩岡ヒサエ氏: 文化庁のお誘いで、向こうで活躍されてるバンド・デシネ(フランスの漫画)の女性の作家さんで、アングレーム国際漫画祭にノミネートされたペネロープ・バジューさんと、東京工業大学の細萱淳先生と鼎談をさせていただきました。

――どのようなお話をされたのですか?


岩岡ヒサエ氏: バンド・デシネと、日本の漫画の比較ですね。バンド・デシネは、だいぶ日本と違うんだというのを聞いて、目からうろこばっかりで面白かったですね。

――具体的にどのような違いが印象的でしたか?


岩岡ヒサエ氏: バンド・デシネはアート作品であるということを伺いました。手書きのせりふが入って、写植がないんです。全て自分で書いた完全原稿を販売するのが常識なんです。文字書き専門家の方もいるらしいんですけれど、その方に書いてもらうと「人の手が入ったんじゃないか」と言われちゃうそうです。知っている人には常識かもしれませんが、すごく驚きました。

仕事場は喫茶店と自宅、夫のサポートにも感謝


――岩岡さんはどのようなスタイルで漫画を描かれていますか?


岩岡ヒサエ氏: ネームまでは喫茶店でガリガリやるんです。原稿はもちろんやらないですけれど、ネタを出す時には、近くの喫茶店とかモスバーガーをぐるぐる回っています。家では怠けて横になったりテレビをつけたりしてしまうので、集中しようと思って外に出て、携帯もネットにはつながない。会社員のころに昼休みとか空き時間に喫茶店で隠れて描いていたのが習慣になっているのもありますね。描いてるところを子どもがのぞいて、「あ、漫画を書いてる」ってちっちゃい声で言われたりしています。

――ネームとはいわゆる構成、絵コンテのようなものですね。やはり最初の作業は重要なのでしょうか?


岩岡ヒサエ氏: 後々の仕事を面倒くさくしないために、まとめておくことは大事です。連載1回につき、4、5回やり直したりする時もあるので、毎回のように「最初にちゃんと準備しておけば良かった」って思いますね。

――ご自宅では、お一人で描かれているのですか?


岩岡ヒサエ氏: 『土星マンション』の時はアシスタントさんに来てもらっていたんですけれど、今は一人でやっています。私のデスクが汚すぎて、作画作業は食卓でしているみたいな状況です。NHKの「マンガノゲンバ」っていう番組で、部屋をきれいにして局の方を呼んだことがあって、その時は友達から「あんたの部屋にあんな場所はない」って言われました(笑)。

――相当お忙しそうですね。


岩岡ヒサエ氏: ちゃんとご飯が作れる位のスケジュールには組んであるので、なんとか生きていける感じでやってます。それに、時間に追われている時は寝られない時はありますけれど、描いている時はお笑い番組とか見ながらぼんやりと描いてるので大丈夫なんです。ただ、仕事が始まるとほとんど遊びに行けてなくて、月に1日行けたら良いかなみたいな感じになっちゃったのはつらいですね。

――ホームページの日記を拝見すると、だんなさまとの関係もすてきだと感じます。


岩岡ヒサエ氏: 私が一人で作品を作り上げたいタイプなので、「手伝うよ」って言われて、「やめて」って言ってけんかすることもありますけどね。ただ、『土星マンション』の最初の見開きで、地上を見るシーンの作画で失敗しちゃって、「どうしたら良いと思う?」って聞いたら、「直した方が良いと思う」って言われて、その時は手伝ってもらいました。せっぱつまって、感情的になって、「イーッ」って布団にぬいぐるみを投げたりした時もあったんですが(笑)、「どうどう」って穏やかにさせてくれました。その時は雲を描いてもらって、気づくかどうかわかりませんが、その絵は雲のペンタッチが力強い感じになっています。その雲が良いなと思って、それから私もそれをまねしているんです。夫にはしんどい時に精神的に支えてもらっていて、本当にありがたいですね。

著書一覧『 岩岡ヒサエ

この著者のタグ: 『漫画』 『女性』 『転機』 『漫画家』 『きっかけ』 『美大』 『オタク』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る