BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

高橋克徳

Profile

1966年生まれ。一橋大学大学院修士、慶應義塾大学大学院博士課程単位取得。野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、2007年、サザンオールスターズや福山雅治らを抱えるエンターテインメント企業「アミューズ」のグループ企業として設立された株式会社ジェイフィールの創設メンバーとなり、組織活性化、人材育成などの研修やコンサルティングを行っている。2010年より現職。『不機嫌な職場』は、28万部を超えるベストセラーに。主な著書に『潰されない生き方』『明日から部下にイライラしなくなる本』『職場は感情で変わる』『人がつながるマネジメント』など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ともに働く喜び」を取り戻せば、日本はきっと面白くなる



ベストセラー『不機嫌な職場』の著者であり、株式会社ジェイフィール代表である高橋克徳さんは、リレーションシップを基軸にした新たなマネジメント論を提唱し、組織の中に「つながり力」を再生し、「ともに働く喜び」を取り戻す支援をされています。今日は高橋さんに、働く事、生きる事、そしてよりよく生きていく上での『読書』について伺いました。

未来の子供達への『想い』がジェイフィール設立のきっかけだった


――株式会社ジェイフィールを設立されたのは、どういったきっかけからでしょうか?


高橋克徳氏: 2007年の春でしたが、わたしが最初に勤めた野村総研時代の上司であり、師匠である野田稔から、新しい会社を一緒に作らないかという話をもらいました。同じように組織開発や人材育成の仕事をしてきた人たちが集まって、人の心からの変革を支援する仕事をもっとやろうと盛り上がりました。議論していく中で出てきた最大の危機感は、このままだと、日本から子供達がいなくなっちゃうんじゃないかということでした。年金問題もあるし、日本の社会の中で大人が元気がなくて、未来への希望や期待を持てない。そして子供達に責任や負担ばかり増えている。これでは、今の子供が大人になったら、日本を捨てて海外へ出ていくんじゃないのかと思った。そうならないために、子供達の心がもっとワクワク、元気になる仕事がしたい、そんな話で盛り上がりました。

――子供たちへの想いが最初のきっかけだったんですね。現在は、ジェイフィールは大人向けの事業ですが、そこへ至るきっかけを伺えますか?


高橋克徳氏: ところが、よく考えてみると、僕らは子供のプロではない。それに、子供が元気になっても、親や大人たちが今のままなら、何も変わらないのではないか。だったら、やっぱり大人に対しての仕事をするべきだという結論になったんです。その時に、「仕事が面白い」「職場が楽しい」「会社が好きだ」という事を、堂々と子供の前で語れるような、そういう大人を増やしていこう。こんな風に「想い」先行でジェイフィールという会社ができました。

――人々の「仕事への想い」を変えていこうと思われたんですね。


高橋克徳氏: この会社を作る時に、サザンオールスターズや福山雅治さんが所属しているアミューズというエンターテインメント企業が出資をしてくれたのですが、その時に、アミューズの方がこうおっしゃった。「エンターテインメントというのは人の心を動かす仕事。感動だけが人の心を打ち抜く。平凡な日常の中で、映画を見たり音楽を聴いたり、ライブへ行ったり芝居を見たりする事で、これでもいいかなとあきらめていた部分を『本当にいいの?』と自分に問いかけたり、『変わらなきゃ』と思う。それがいい連鎖になって、社会が変わっていく。そういう事をやっていくのがうちの会社です。あなた方が企業の中でそういう事をやりたいのであれば、お手伝いします。」と言って下さったんです。

Don't think、just feel! 理屈を考える前に、素直に感じる


――ジェイフィールのお名前はどういった由来ですか?


高橋克徳氏: J.FeelのJには2つの意味があって、1つは、JapanのJ。もう1つはJustのJ。Don't think、just feel!(理屈を考える前に、素直に感じてみよう)という提案なんですよね。今、日本の中で感情を置き去りにしているんじゃないかと思うんです。例えば、仕事に感情を持ち込むなとか、とにかく目の前の事を一生懸命やれと。感情的になるのはダメ。でも、感情や気持ちを隠して働いていて、人がイキイキしているんだろうか?と疑問に感じます。考える事や、論理的に何が必要かを突き詰める事も大事だけれども、一方で「感じてみる」というのが、ものすごく大事なんじゃないかと思う。だから、まずは感情という所にきちんと焦点を当てて、どうしたら良い感情が生まれるかという事や、その感情が、個人を前向きにさせるだけじゃなく、組織の力に変わっていくプロセスをきちんと考えられるような、組織づくりや人づくりを応援しようと思ったんです。

――ご著書でも、職場づくりについて書かれていますね。


高橋克徳氏: 『不機嫌な職場』や『職場は感情で変わる』(ともに講談社)をはじめ、職場づくりがテーマの本が多いのですが、でも一緒に考えて欲しいのは、職場とか組織がなぜ、人を追い込む場になってしまうのか、そうならないためにどうしたら良いのか、その中でどう生きていくのかということです。時代や環境が変わっても、大切にしなければならないことがあると思うんです。それをきちんと共有したいと思っています。

――どういったことを考えて執筆されていらっしゃったんでしょうか?


高橋克徳氏: 僕が新卒で会社へ入社した頃は、まだバブル世代で会社にも社会にも余裕がありました。「まだ彼女ができないの?」とか先輩達にいじられながら、仕事を厳しく教えてもらったものです。土日関係なく出社して働いていたけれど、やっぱり会社に来るのが楽しかった。そういう人とのあたたかいつながりがあるからこそ、自然と仕事に前向きになれた、頑張れた。でも、それが大きく変わりました。役割分担が明確になり、自分の仕事は自分にしかわからない。忙しいから誰も頼れない、気づいてくれない。周囲からも「すごいね」と言われたり、「ありがとう」と感謝の言葉をもらうこともない。これで本当に人は前向きに頑張れるのだろうか。人が働く上で、生きていく上で大事なものが置き去りにされているのではないか。今の時代にあった形で、人として大切なものを取り戻す。そんなことを一緒に考えてみていただきたくて、本を書いています。

何故自分が本を書くのか、悩んだ時期があった


―― 高橋さんが本を書いているのは、一人でも多く良い連鎖を広めたいという想いからでしょうか?


高橋克徳氏: 僕は「何故自分が本を書くんだろう」と結構、悩んだ時期がありまして。コンサルタントとして色々な経験をしてきた事やノウハウを本にしましょうという出版社からの依頼がいくつかあったんですが、何度か挫折しているんですよ。途中、150ページぐらいまで書いたのに挫折しているものもあります。

――なぜ挫折したんでしょうか?


高橋克徳氏: 正直、自分のために書こうと思っても、書けなかったんですよね。何か気持ちが入らないというか、意義が見えないというか。書くことだけに必死で、そこに悩んでいる人たち、その人たちが前向きになる、元気になる姿が浮かんでいなかったんです。

――ご自身で本当に書きたいと思われたのはいつくらいからですか?


高橋克徳氏: 本当に本を書きたいと思ったのは、まさに『不機嫌な職場』辺りからなんですけれども、自分の中で我慢ができなくなったというか。ここらへんで自分の思っている事を、きちんとみんなで共有していかないと、世の中良くならないし、追い込まれる人が出てくるし、日本企業だってこのままだと競争力がどんどん落ちていく一方だし、そういう事に対して「これでいいの?」という事を正面から語らないと、本当に手遅れになると思ったんです。それで書き始めたというのがやっぱり一番大きいですね。

――「書きたい」というよりは、「書かなければ」という使命感だったんですね。


高橋克徳氏: 正直、僕が2000年の前半ぐらいまでは、人とのつながりや感情が大事だということを語っていても、時代の中では「個人は自立するべき」だとか、「自分のキャリアは自分で切り開け」とかが主流で、全然相手にされなかった。でも正直言うと、「そんな強い生き方、僕にはできません」と思った。この時代を力強く生きていく事の大事さも分かりながらも、一方で「人ってそんなに強く生きていける人間ばかりなんだろうか」というそういう問題意識がすごくあった。そして2000年の中盤ぐらいから、だんだん企業の状況が変化してきて、働き方が多様化するようになる一方で、人との関わりが薄くなって社員同士協力ができないとか、そういう事が顕著になってきたわけです。

――高橋さんが危惧していた問題が目に見えてくるようになったんですね。


高橋克徳氏: それで「これじゃ駄目だな、こんな状況を変えたい」とか、「変えたいと思っている人を応援しないといけない」と思った。そこからですね、僕が本当に本を書けるようになったのは。それまでは、途中で悩む事や、止まる事が多くて書けなかった。でも、今の社会や組織で働くこと、生きることに苦しんでいる人たちが、少しでも楽になる、前を向いて歩き出せる、そんな後押しができるものを書きたい、書かなきゃいけないと思ったら書けるようになったんですよね。不思議に。

著書一覧『 高橋克徳

この著者のタグ: 『エンターテインメント』 『コンサルタント』 『コンサルティング』 『組織』 『学者』 『生き方』 『働き方』 『紙』 『ノウハウ』 『こだわり』 『研究』 『生物学』 『物理学』 『人生』 『エネルギー』 『世代』 『キャリア』 『バブル』 『マネジメント』 『読書法』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る