BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

柏木吉基

Profile

慶應義塾大学理工学部卒業後、日立製作所にて海外向けセールスエンジニア。 米国にてMBAを取得後、2004年日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門、組織開発部ビジネス改革マネージャ等を歴任。2014年10月独立。グローバル組織の中で、数多くの経営課題の解決、社内変革プロジェクトのパイロットを務める。豊富な実務経験と実績に基づいた実践的研修・コンサルができる唯一の講師として高い定評がある。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分なり」を考えれば、やるべきことが見えてくる



企業の課題を実務データの分析で解決に導く――データ&ストーリーLLC代表の柏木吉基さん。20年を超えるグローバル企業での経験、実績に基づき、数字とロジックを使った論理力・分析力を企業、大学で伝えています。自分がやりたいこととやるべきことを知り、進んで来た結果が今の仕事に繋がっています。柏木先生の「自分なり」の生きる道の作り方とは。

正解のない世界で、「答え」を導き出す



柏木吉基氏: 現在、メインとなる企業研修と、その延長で実務サポート(プチコンサルタントと呼んでいます)という形で、実際にクライアントが持つ課題やデータを用いて、自発的に答えに導けるように中長期の人材育成を目的とし、実際に成果を出しながら、方法を学べるサポートをおこなっています。
また、アカデミックの世界では、多摩大学大学院のビジネススクールでクリティカルシンキングの講義を担当し、横浜国立大学では留学生向けの授業を受け持っています。YCCSと呼ばれている学部生向けのプログラムなのですが、学生は14ヶ国ぐらいから集まっています。
私がおこなっているビジネスでの課題解決や論理思考、ロジカルシンキングや実務的なデータ分析など、「ビジネスの実践スキル」を教えています。実際に社会にでた時に実践できる内容を伝え、学生自らが考え答えを出せるようにしています。議論なども活発すぎて、こちらがわざわざ止めるぐらい白熱しますよ(笑)。

――正解がない、楽しさ。


柏木吉基氏: これは、ビジネスでもアカデミックの場でも同じで、20年近くに渡る組織での実務経験や必要な情報(スキルやデータ)は余すことなく提供しますが、正解は各人が導き出してもらう方針です。
また、本当に使える考え方、技術として伝えたいと思っていて「これ、学んでも結局使えないよね」というものは、私の講義では1秒もないぐらいの想いでやっています。私自身、実際に使ったり、それによって何度も助けられた知識や技術をシェア、共有したいと思っています。これらは自分のやりたい事と、やるべきだと思っている事をやってきた結果で……これは昔から変わりません。

「自分なり」の生き方を歩む



柏木吉基氏: 流行のものには興味を示さず、いつも自分の価値観「自分なりのものって何なんだろう」と考えるような変な子どもでした。自分で「これは面白い」と思ったものにはものすごくのめり込むタイプでしたが、両親も友人も「まあ、そういう奴だ」と、認めて(?)くれていました。
ただ、一度面白いと思って始めたものは飽きることがあまりなく、小学四年生の時にはじめたバスケットボールも35年近く続いていますし、海外への旅も、東海道を歩いたりするのも変わらないですね。性格自体は変わっていないかもしれません。
勉強の場合も同じで、興味のあることはとことんやっていたので、親から「体を壊すから、ほどほどにしなさい」と言われるくらいでした。英語が好きで、高校生の時にオーストラリアに短期間ホームステイしたこともあります。基本、理系で、数学や物理が好きだったので、大学も理工学部に進みました。
大学では講義が面白くて仕方がなく、4年間、完全に100パーセント出席していました。家庭教師や塾講師のアルバイトもしていましたが、4年生の時には、高校の後輩に講師をやってもらう形で、自分も講師になって中学生向けの学習塾を開きました。長期の休みにはバックパックを背負って、世界中を旅していました。

――体験したことを、実践する。


柏木吉基氏: 自分でやるのが好きなんです。今の仕事もそうですが、自分でやらずに他人を使うだけであればもうやめてしまえとさえ思っています。人によってやり方の違いはあると思いますが、私の場合は自分でやる事に価値があると思っています。何でもやって、自分で体験して、思ったことを形にしてみたい――最初に塾を開いたのも、そうした考えからでした。

著書一覧『 柏木吉基

この著者のタグ: 『コンサルタント』 『支援』 『チャレンジ』 『海外』 『就職』 『組織』 『考え方』 『生き方』 『ビジネス』 『留学』 『きっかけ』 『成功』 『差別化』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る