BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

齋藤孝太

Profile

1973年東京生まれ。日本大学法学部法律学科を卒業後、広告代理店・企画会社・コンサルティング会社に勤務。大手企業・販売現場のマーケティングノウハウに精通する。その経験を生かし、2004年に独立。店舗系ビジネスにおいて顧客との関係を深めて売上拡大を目指す企業を対象に、顧客育成/CRMを現場で導入し、店舗に根付かせる店長向けのコンサルティング・教育・研修を実施している。独立後の受講者数は延べ7200人を超える。近著に『お客様は自分が欲しいものをわかっていない。』(クロスメディア・パブリッシング)、『店長の気持ちスイッチ33』(日刊工業新聞社刊)など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店もお客さまも「うれしい」、両方が良くなる関係づくりが私のコンサルの基本



株式会社SIS 代表取締役。1973年東京都北区田端生まれ。日本大学法学部法律学科を卒業後、広告代理店を経て企画会社へ。マーケティングプランナーとして、大手化粧品メーカー等のマーケティング計画策定や現場マニュアルを作成。その後、株式会社企画塾に転職。2004年8月独立。店舗系ビジネス(専門店・SC・総合小売り・サービス業等)において、お客さまとの関係を深めて売り上げ拡大を目指す企業を対象に、お客さま育成/CRMを現場で導入・根付かせる。オーダーメイドの人材育成、店長向けの教育・研修を実施し、独立後の研修の受講数は延べ7200人を超える。『お客は自分の欲しいものを分かっていない。』、『店長の気持ちスイッチ33』、『なぜ、CRMは現場の心に根付かないのか?』など、著書多数。今自分にできることを一生懸命の、齋藤孝太氏にお話を伺いました。

自分のためより人のための方が頑張れる


――㈱SISの代表であり、お客さまとの関係を深める専門家ということですが、どういったお仕事内容になりますか?


齋藤孝太氏: 仕事のメインは、街中にあるお店、特に店長さんに向けて、コンサルティング、教育や研修をさせていただいています。お店にとってはお客さまとの関係を深め、固定客が増えると売り上げが安定する。お客さまにとっても毎回違うお店に行くより自分が固定客として大事にされた方がうれしい。両方良くなるという世界を、コンサルティング、研修・教育を通じてお届けしています。

――どのような研修をされるのですか?


齋藤孝太氏: オリジナルで、その会社に合わせて研修メニューを作っていくことがほとんどです。ですから、仕事としては研修というよりも、打ち合わせをしたり資料を作っていることが多いですね。研修というとある程度パッケージがあって、それを講師が話して、「後は皆さんの会社でお願いします!」という感じが多いのですが、僕の場合は化粧品店やバイクショップなど、その業種の人しか参加しない研修がほとんどです。ですから、その人達にマッチングした内容にすることで、受ける方が次の日からでも使えるようなものがいい。本当に明日から使えるように作りこみます。当然、資料を作りこむ時間や打ち合わせ時間が長くなります。

――どのようなきっかけで今のようなお仕事を始められましたか?


齋藤孝太氏: 大学生の時に、何となくコンサルタントになりたいと思っていたんです。夢みたいなものでしたが…。

――コンサルタントに対してどんなイメージを抱いてましたか?


齋藤孝太氏: 大学生の時だったので、かっこ良さそうだなと思っていました。もうひとつは、僕自身の性格が自分の事業を拡大するより、相手の事業のためにやる方が一生懸命、仕事ができるんじゃないかと。自分がお金持ちになることに対してパワーが少な目で、あまりハングリー精神もない。そんな性格なんで、自分に向かってそんなに頑張れないんですよね。相手に対して僕が何をできるかということに力を向けた方が、僕はまじめに働きます。そういう意味で、コンサルタントという職業があっていたと思います。
ただ、コンサルタント会社を受けても全然受からなかったので、広告代理店の営業として就職しました。20人ほどの会社でしたが、1年半ほど営業をやり、やはり考える仕事がやりたいと、今度は5人の企画会社に転職したんです。24歳の時ですね。そこの会社が主に資生堂さんの仕事をしていまして、いくつかのブランドのマニュアルを作っていました。

――お店のマニュアルですか?


齋藤孝太氏: 春に売り出す商品について、どのようにトークをして、ポップを作り、陳列をし、顧客管理をするのかという販促マニュアルです。成功店に回らせていただいて、成功アクションをまとめて、編集して、それをマニュアルに落としこんでいきました。
販促マニュアルですから、セルフ店新人向けのマニュアルとは違って、ダイレクトに売り上げを上げるためのマニュアルです。僕が担当していた化粧品の専門店は、お客さまと関係を深めて固定客を育成しようというマーケティング方針です。「お客さまと関係を深めて、売り手も買い手も両方良くなる」という考え方は、実はその時の体験からきています。

本を出したことで、大手企業と仕事ができるように


――独立のきっかけはなんですか?


齋藤孝太氏: 実は僕、28歳の時にマーケティングプランナーとして、一度独立したんです。広告代理店の下請けで企画書を書いていました。でも、クライアントと直接やりとりしないと将来ダメだな~と思ってコンサルの道に進むことに決めて。コンサル会社に入ったんです。

――独立するために、ですか?


齋藤孝太氏: そうですね。それは就職する際に、コンサル会社の社長さんに事前に伝えました。その会社で修行をさせていただく形で、1年半いさせていただいて、それから2度目の独立をしました。

――お仕事は順調にいきましたか?


齋藤孝太氏: 4年位は仕事があまりなかったですね。その時に本を出せたのが良かったですね。CRM(Customer Relationship Management:顧客との関係を構築することに力点を置く経営手法)について書かせていただきまして、その本から仕事を頂けるようになりました。



本を出したことで、怪しい人間からそれなりの普通の人になった(笑)。いくら僕が「コンサルです」と言っても、価値が見えないですよね。そういう意味で本を出せたのは大きなきっかけになりました。
それから、大手のクライアントさんとお仕事ができるようになりました。カネボウ化粧品さんやバイクのカワサキさんは、最初の本を見ていただいてからのお付き合いなんです。もう5年になります。

著書一覧『 齋藤孝太

この著者のタグ: 『コンサルタント』 『コンサルティング』 『マーケティング』 『教育』 『独立』 『きっかけ』 『研修』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る