BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

佐藤秀峰

Profile

1973年、12月8日生まれ。北海道中川郡池田町出身。Web上から数々の漫画を試し読み、購入できる『漫画onWeb』を運営する有限会社佐藤漫画製作所、代表。武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。大学在学中より漫画家を志し、福本伸行、高橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。連載中作品 「特攻の島」「Comic Sato」も上記サイトで購入可能。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――保管しておいてあとからまた見直す作業は特になさらないですか。


佐藤秀峰氏: いえ、保管しておくと一杯なっちゃうんで、その為の場所がって思うと難しいんですよね。僕ね、あんまり本に愛情ないんです。申し訳ないと・・・思うんですけど。最近はCDももう買わなくなっちゃったんですけど。結構集めるの好きで並べてなんかいっぱいあるみたいなのが、物知りみたいな気持ちになれて好きだったんですけど。本って結構大きさバラバラで色もバラバラなので、並べとくとなんか見栄えが好きじゃなかったんですよね。なので、本全部持ってても押入れとか扉付きのとこにしまっちゃうような感じでした。

――意外ですね。資料がずらっとある感じを想像していました。


佐藤秀峰氏: いわゆる『本棚』っていうのは、持ってないんですよね。

――今、誰でも出版することに対してハードルが低くなっていると思うのですが、その中で出版社の強みってなんだと思いますか。


佐藤秀峰氏: そうですね、編集部としての機能だと思っています。やっぱり誰でもコンテンツを表に出せるようになったからといって、クオリティの高いものってそんなにないと思うんですよね。そうするとクオリティが高くないものにやっぱりお客もお金払わないのである程度、質の高いものが作れたほうがいいと思っています。そうすると作家さんによっては編集者と打ち合わせが必要だっていう人もいるでしょうし。

――編集者と二人三脚でつくり上げるというイメージはあります。


佐藤秀峰氏: そうですね。紙の本を作って流通させるっていう役割は小っちゃくなってくのかなと思いますね。

――最後に、今後の電子書籍に望むものをお伺いします。


佐藤秀峰氏: 漫画は縦書きなんで日本語のフォーマットになってるので。縦書きでそれに合わせて絵もコマ組みもされてるんで横書きのフォーマットになってないんですよね。

――横書きのフォーマットもありなんじゃないかという事ですか。


佐藤秀峰氏: 色々思ってるんですけど、まだまとまんないですね。BCCKSという電子書籍を自分で作れるサービスはいいですよね。ブログみたいにその場で文字を打ち込んで写真をレイアウトして。縦書きも対応してるんですよ。その場で作って保存して公開にステータスを切り替えると誰でも本が公開できちゃうんですよね。それを紙の本にもして販売もできて、しかも画期的に安いんですよ。そういうサービスには、最近可能性を感じてきています。電子書籍版をまず発表して、紙も売れそうだ売ろうという感じで。色んな事を色んな人が考えてるんだなと思いますね。

――面白いですね。最終的に出力するものをどう読んでもらうか。選択できるということなんですね。紙でも大丈夫だし電子書籍でもいけるって事ですよね。


佐藤秀峰氏: 何がどうなるんだか、僕もよくわかんないですね。おいてかれないようにしなきゃなとは思ってますね。無料で公開してみたところで大した事ないよっていうのも一つの意見でしょうし、どこにもコンテンツ出さなかったら古くなって忘れられてくだけなんですよね。どこにも流出しないかもしれないですけど作品が死んじゃうと思うんで。それで、『漫画onWeb』での無料公開は、『タダでも読んでくれるだけありがたいじゃん。』と僕は思ってるんですね。

――当たり前のように知られている作品も、毎年確実に全読者層に占める「知らない世代」の割合は高くなっているんだということなんですね。


佐藤秀峰氏: 作品も作家も賞味期限って早いと思います。であれば権利で囲い込んでも全く得しないと思いますね。

――知ってくれる事によって、また新しいアクションに繋げられるといいですね。もしよろしければ先ほどのデッキを拝見させていただいてもよろしいですか。


佐藤秀峰氏: はい。どこでも大丈夫です。僕もなんか色んなとこに取材行かせていただくんですけど、怖くないですか。この間AVの取材とかさせてもらったんですけど1人で行くんですよ。事務所とかに。基本1人で行くんですけど、やっぱりどんな人が出てくるんだと思うと怖いですよね。

――でもそこに果敢に突撃する。(笑)その理由はなんでしょう。


佐藤秀峰氏: 人がいると安心しちゃうんですよね。その人に任せちゃって『影から見てればいいや』みたいになっちゃうんで。

――その場合撮影もお一人ですか。みなさんそれぞれの役割分担があるんですか。


佐藤秀峰氏: 撮影も自分でしてますね。こっちにいる3名が僕の作画を手伝ってくれてるスタッフで。こっちは妻も漫画家なので、そこの机でやってて今日はいないんですけど。そういうチーム体制ですね。



――作業場が奥まで続いていますね。この先は回廊になってるんですね。


佐藤秀峰氏: こっちがワンルームで、ここがスタッフの寝る部屋で。ここは僕ですね。

――(部屋にあったラジコンを見かけて)ラジコンされるんですか。


佐藤秀峰氏: オブジェみたいに。なんか誕生日にスタッフからもらったんですよ。でも、みんなでやらないとつまらないですね。1人で何か月かやってみたんですけど。

――CDの数多いですね。


佐藤秀峰氏: そうですね。でも一時期よりあんまり買わなくなっちゃいましたね。

――普通にお店で買われるんですか。お好きなジャンルありますか。


佐藤秀峰氏: 雑食ですが、ちょっと最近昭和のロックとか。昔メタルが流行ってる時、メタルが好きでした。

――仕事中のBGMになるんですね。『ゆらゆら帝国』とかいいですよね。


佐藤秀峰氏: そうですね。解散してすごい残念でした。

――色んな場所を見せて頂きました。本日は本当にありがとうございました。


佐藤秀峰氏: 楽しかったです。ありがとうございました。

(聞き手:沖中幸太郎)

著書一覧『 佐藤秀峰

この著者のタグ: 『漫画』 『可能性』 『紙』 『漫画家』 『レコード』 『本棚』 『お金』 『雑誌』 『世代』 『日本語』 『医者』 『書き方』 『レイアウト』 『アシスタント』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る