BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

佐藤秀峰

Profile

1973年、12月8日生まれ。北海道中川郡池田町出身。Web上から数々の漫画を試し読み、購入できる『漫画onWeb』を運営する有限会社佐藤漫画製作所、代表。武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。大学在学中より漫画家を志し、福本伸行、高橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。連載中作品 「特攻の島」「Comic Sato」も上記サイトで購入可能。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

――まずはこの度、取材を受けていただきましてありがとうございます。


佐藤秀峰氏: いえ、こちらこそご案内頂きまして有難うございます。

――早速ですけれどもBOOKSCANというのはいつ頃からご存知でしたか。


佐藤秀峰氏: 写真がたくさん載っていたネットの記事を読んで知りました。確かGIGAZINEさんでした。小さな事務所から、どんどん引っ越しを重ねていく様子や、機材がズラッと並んでる写真を見て、『おーっ!!』と思ってたら意外な反応が漫画家さんからTwitterでツイートされていました。『ああ、そう受け止めるんだ。』と。

――色々な立場の方がいらっしゃると思います。


佐藤秀峰氏: ところで、依頼した本は、その後溶解処分されてるんですね。ドロドロに溶かすんですか。

――以前私も工場を見学したことがありますが、本当にドロドロに溶解処分されます。ちなみにこの事務所はいつ頃から使われているのですか。


佐藤秀峰氏: ここはもう7、8年目ぐらいですかね。

――そうなんですね。ワンフロアー全てですよね。外のデッキは、この先の奥までずっと続いてるんですか。


佐藤秀峰氏: ずっと向こうまで続いていて、よくバーベキューしたりしていますね。でも、そんなには使わないです。

――事務所全体のデザインやライティングはどのようにされているんですか。


佐藤秀峰氏: デザインは業者さんにお願いしていますね。でも、もうだんだん古くなってきちゃって。

――緊張が和らぎます。


佐藤秀峰氏: 緊張させてしまいましたか(笑)。申し訳ないです。いつもちょっとネットで怖そうだとかよく言われるんですが。もちろん、そんなことないです。(笑)

――ところで今取材にあたりもう一度『ブラックジャックによろしく』を『漫画onWeb』から読んでみました。今は『特攻の島』読んでいます。読みやすいですね、ただ、作品に感情移入してしまってなかなか進みませんでしたが。(笑)ところでその、『漫画onWeb』上での自身の作品無料公開は大きな反響を呼びましたが、踏み切った心境はどんな感じでしたか。




佐藤秀峰氏: そうですね、『漫画onWeb』っていうサイトは前身が、『佐藤秀峰ウェブ』っていう個人サイトだったんです。そこで自分の作品を販売して、自己完結したかったんですね。1話20ページとかを10円ぐらいで売ればいいなっていうふうに考えていたんですが、総額決済が300円からしかどこも受け付けてくれなくて、10円じゃ受け付けてくれない。ならば最初に300円分ポイントを買ってもらって、そこでポイントを使用してもらう形になったんですよ。僕のコンテンツだけだと300円分読む前に使い切れない人も出てくるかな、と思いまして。サイトに参加してくれる人がもっとたくさん必要だと思ったんです。

――実際に開始してみて変わった事、もしくは変わらなかった事というのはありますか。例えば販売数だとか。無料になったら買われないんじゃないか、という危惧はされませんでしたか。


佐藤秀峰氏: そうですね、無料公開したのは『漫画onWeb』ができて半年くらい経った後でした。あの時、放っておくとだんだん売上は下降し、集客もだんだん落ちてきてしまう…なにか新規に取り組みをしないといけないな、という思いがありました。とにかく集客がメーンで、あんまり儲けは考えてなかったんですよね。『こういうサイト作ったから参加しませんか。』と色んな漫画家さんに声掛けて参加頂いています。それなのに、集客がままならないのはダメだという思いから、集客の為に無料化してみようっていう感じで始めたのがきっかけですね。

――そうしたら、あんなに反響があったんですね。参加メンバーを集めるのは、ひと通り作家さんたちにお声がけしたんですか。


佐藤秀峰氏: そんなに声掛けてないんですよね。人数が限られてて、それで営業でできるほどではなかったので。お声掛けいただければ説明に伺いますという形で何十人かはお会いしたんですけど。あまり深く考えずに、勢いでやってますね。(笑)

――その勢いが大きな潮流となったわけですね。変わらなかった点はどんなところでしょうか。


佐藤秀峰氏: そうですね、反響のお陰で多少サイトの知名度も出たぐらいが、変わった点でしょうか。なのでそれ以外の姿勢などは特に変わっていないですね。

著書一覧『 佐藤秀峰

この著者のタグ: 『漫画』 『可能性』 『紙』 『漫画家』 『レコード』 『本棚』 『お金』 『雑誌』 『世代』 『日本語』 『医者』 『書き方』 『レイアウト』 『アシスタント』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る