BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

石井希尚

Profile

東京都生まれ。 10代の頃、日本初のフリースクール寺子屋学園を設立。教育界において活発な活動を展開する。教育問題と並行して音楽活動にも力を注ぎ、91年、ポリドール系のレーベルよりデビュー。93年渡米し、一般カウンセリング、プリマリタル・カウンセリング、聖書学などを学び、インターンを経て牧師に。現在、自身の経営するカフェ「KICK BACK CAFE」にて、結婚・恋愛、問題を中心にカウンセリングを行う。妻・久美子と共に夫婦二人三脚で多方面にわたり精力的に活躍中。20万部のベストセラーとなった『この人と結婚していいの?』(新潮社)ほか、著書多数。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本精神こそが世界を救う



「日本の素晴らしさを世界に」――自身の経営するカフェ「KICK BACK CAFE」をベースに、ミュージシャン、カウンセラー、作家と幅広い領域に様々な立場で問題にアプローチする石井希尚さん。音楽活動では、福音を伝えるゴスペルバンド「HEAVENESE(へヴニーズ)」のリーダー“マレ”として、和の心を紛争地エルサレムなど世界各地から発信されています。その強い想いの源、今伝えたいこととは。


大和魂を世界に


――様々なアプローチで、日本の魅力発信に取り組まれています。


石井希尚氏: ゴスペルユニット『HEAVENESE』のリードボーカル&ピアノ“マレ”として活動しています。『HEAVENESE』は天国、日本人が合わさった造語で、異質なものを受容し、和を保つことこそが尊いと教えられてきた「大和心」を世界に伝えるべく、2011年の米国ツアーを皮切りに、日本と世界を舞台に活動しています。

『HEAVENESE』は、九度のグラミー賞受賞を果たしたゴスペル界のキング、アンドレ・クラウチ(故人)が唯一プロデュースを手がけてくれた一座です。彼とは、友人のプロデューサーを介して95年に来日した際に、ここ調布市仙川にあるキックバックカフェ(以下KBC)に来てくれたことがきっかけで意気投合して、その年の秋から音楽制作を始めました。そんな彼の遺志も引き継いでいます。

メンバーは、ツインボーカルのマレ(ぼく)&クミコを中心に、ドラム、ベース、キーボード、サックスなどの洋楽器に、尺八、篠笛、和太鼓、津軽三味線などの和楽器を加えた、十数名を超えるメンバーで構成されています。さらに殺陣や忍者、在米黒人ラッパーやダンサーが加わるなど、日本の魂と、HIPHOP、R&Bが融合する壮大なステージとなっています。

最近では、キング牧師を描いた映画『グローリー 明日への行進』(2015年6月19日より日本公開)の特別先行試写会をKBCで行い、その際のミニライブでは、本年度アカデミー賞主題歌賞に輝いたコモン&ジョン・レジェンド「Glory」のカヴァーを初披露しました。様々な活動の拠点となるここKBCには、こういったイベントの参加者だけでなく、ぼくの読者やカウンセリングのクライアントなど、多くの人々が訪ねてきてくれます。カップルを対象にしているのですが、人生や今後の進路について悩んでいる人など、様々な人が集まってきますね。

――今まで、多くの人々の悩みや問題に取り組んでこられました。


石井希尚氏: ぼくが世の中に対して最初に行動を起こしたのは16歳、高校生の頃でした。既存の教育システムに対する違和感からでした。東京三鷹市の明星(みょうじょう)学園は小学校から高校まで12年の一貫教育で、「個性尊重、点数のない教育」は日本中の教育関係者が見学にくるほどでした。ところがそんな明星学園が、点数重視の受験体制の方向へと進み、退学者が出るなど混乱しました。この問題を解決するため、教育の根本を問いただす運動を展開しました。デモやハンストなどの結果、最終的に友人らの退学処分を見直すところまで持ち込みました。



ぼくはその活動のあと、「16歳の自分が考えていること」というレポートを書いて「自分は、若者の精神革命を起こすために生きている」というような内容を親父に渡します。親父は士族の出で教育にことさら厳しく、例えば敬語を使わなければ「鉄拳制裁」と称しての、お尻たたき(笑)。先に食事を済ませていれば、ひと言「お先に頂きました」と言わなければならないなど、昨今の“親しみ”のある父親像とは、かけ離れたものでした。

これは、のちに母から聞いたのですが、親父は「礼儀や挨拶の大切さは大人になってから分かる。今は子どもたちに好かれなくてもいい。それが父親の務めだ」と話していたそうです。気難しい人でしたが、ブレない姿勢や、強い愛国心、日本人としての健全なプライドを持っていたのだな、と。今では、本当に父に感謝しています。16歳で例のレポートを渡すと、親父から「20歳になるまでは面倒をみてやる。それ以降は勝手にやれ」と言われ、自主退学をして、寺子屋学園を作ることになりました。

――反対されなかったのですね。


石井希尚氏: 一切文句は出てきませんでした。「考え方や生き方が自分に一番似ていたから、親父も応援したかったのではないか」とのちに、家族から言われましたね。

著書一覧『 石井希尚

この著者のタグ: 『海外』 『学者』 『考え方』 『生き方』 『音楽』 『歴史』 『若者』 『日本』 『教育』 『宗教』 『子ども』 『人生』 『クライアント』 『リーダー』 『ミュージシャン』 『カウンセラー』 『きっかけ』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る