BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

杉田敏

Profile

1944年、東京都生まれ。青山学院大学経済学部卒業後、「朝日イブニングニュース」の記者となる。1971年にオハイオ州立大学で修士号(ジャーナリズム)を取得。「シンシナチ・ポスト」経済記者から1973年、PR会社バーソン・マーステラのニューヨーク本社に入社、1985年に日本ゼネラルエレクトリック(GE)に取締役副社長(人事・広報担当)として移籍。1987年からバーソン・マーステラ(ジャパン)社長、電通バーソン・マーステラ取締役執行副社長を歴任。2007年より現職。 著書に『人生を考える英語』(プレジデント社)、『人を動かす! 話す技術』(PHP新書)など。NHKラジオ「実践ビジネス英語」の講師も務める。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教養を身につけ雑談力を磨こう



長年NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」講師を務める、株式会社プラップジャパン代表取締役の杉田敏さん。ずらりと洋書が並ぶ本棚から時折、思い出の本を手に取り出しながら、コメディアンを目指した幼少期、アメリカ時代のこと、英語への想いをたっぷりと語って頂きました。

雑談力を身につけられる「実践ビジネス英語」


――NHKラジオ「ビジネス英語」の講師を、1987年より務められています。


杉田敏氏: 『Asahi weekly』で二年ほど連載したものが、『アメリカン・ユーモアの構造』として、本にまとめられました。アメリカの習慣や歴史、バックグラウンドを知らないと解けない、笑えないジョークを中心に書き記しました。その後に旺文社から出た『戦略的ビジネス英会話』がNHKの担当者の目にとまったんです。最初はテレビ番組でしたが、二回ほど出演した後「ラジオで半年やってくれませんか、その後は再放送ですから、何もしなくていいです」というお話を頂き始まったんです。結局、一年ごとに「やっぱり次も」と言われ続け、もうすぐ30年(笑)。その間、一年半だけ番組を降りたこともありますが、リスナーからたくさんのお手紙を頂き復帰して今に至ります。

数年前に会った某県の知事さんも昔からのリスナーで、私自身忘れてしまったような番組で話した内容もよく覚えてくれています。池上彰さんは『学び続ける力』の中で、放送をずっと聞いていて、アメリカのビジネスの最新事情もあわせて学ぶことができる貴重な機会だったと書いてくれていました。山中伸弥先生も昔聞いてくれていたと聞き、驚きました。講演会などでも、「昔から番組を聞いていました」と、初期のテキストを見せてくれる方がいたり、サインを頼まれたりすることもありました。

――放送では杉田先生の身近なエピソードがふんだんに盛り込まれています。


杉田敏氏: この間は孫娘のことを書きました。孫娘は幼稚園に通っているのですが、父の日にアンケートが回ってきたんです。そこには「あなたのパパの好きな所はどこですか?」とあって。孫娘は「ハワイ」と書いたんです。質問の意図は「あなたはパパのどこが好きですか?」だったのですが、書き方によってはこのように誤解を与えてしまいます。誤解というのはいつでも生じるという話を書きました。

シンガポールに住んでいる息子一家に送ったら、とても面白がっていました。その息子が大学生のとき「アメリカのティーンエイジャーはみんな親のことをバカにしてるらしいけど、お前はどう?」と聞いてみたことがあります。「そんなことないよ。」という息子の返事に、内心ほっとしていたら「ティーンエイジャーってさ13からでしょ。俺、九歳ぐらいからバカだと思っていたよ」と言われて……(笑)。そういう家族の会話だったり、女房が忘れっぽいこととか、そんな身近なエピソードを盛り込んでいます。

番組を聞いた人も、最終的に英語で雑談ができるようになってほしいですね。雑談やこういったインタビューの場合、話がどう飛ぶか分かりません。そういう時に、きちんと話をつなげることができる能力、雑談力の有無がビジネスにも左右します。話のポケットがなくつまらない、教養もない人は、話題が豊富で面白い人にはかないません。雑談について書かれている本は、お天気の話や、エレベータトークなどの短い話ですが、高度な雑談にどうやって入っていくかを、ラジオや本を通して伝えています。



英語を学ばせてくれた先生たち


――先生と英語との出会いは。


杉田敏氏: 皆さんと同じように中学に入ってから本格的に英語を学ぶことになります。初めて始まる授業ということで、とても期待していました。ところが一学期の間は、英語の先生が病気で、自習が続きました。二学期になりようやく教えてもらえると思ったのですが、先生の英語力はお世辞にも褒められたものではありませんでした。嘆いていても仕方がないので、自分で勉強することにしました。英語以外の面では凄くいい先生で、亡くなるまでお付き合いは続きました。「私が英語に興味を持ったのは、あなたのおかげです」と冗談を言ったこともあります。

先生に期待できなかったので、家庭教師を親が付けてくれました。千葉大学の医学部の学生でした。しかし、この人も学校の先生に輪をかけて英語力がなかったんです(笑)。教科書のレッスン1では普通 I am a boy. とか、This is a pen. のような例文から始まるのですが、そのとき使っていたテキストには「A dog.」「A big dog.」とあったんです。家庭教師の先生は、それを見て考え込んでしまって……。

その教科書は、研究社から出たもので、文化功労者の福原麟太郎という、イギリスに長い間いた英文学者が作った本でした。福原麟太郎の本というのは非常に特異な本だったので、文部省の認可を得られず、私の年代ぐらいが使っただけで、以降はもう使われなくなったというぐらいユニークなんです。

「英語というのは大文字で始まってピリオドで終わる。これが文です。」と言ったしょっぱなの例文が、さっそく例外で始まり先生は頭を抱えてしまいます。日本語でも、文について考える機会はなかなかありませんでしたが、外国語を通じてその構造に興味を持つようになりました。

著書一覧『 杉田敏

この著者のタグ: 『英語』 『コミュニケーション』 『海外』 『学者』 『紙』 『歴史』 『ビジネス』 『テレビ』 『研究』 『新聞』 『本棚』 『お金』 『人生』 『ジャーナリズム』 『経済学』 『日本語』 『才能』 『医者』 『書き方』 『医学部』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る