BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

深尾光洋

Profile

1951年、岐阜県生まれ。京都大学工学部卒業後、日本銀行入行。米国ミシガン大学に留学し1981年に経済学博士(Ph.D)を取得。その後、経済企画庁 調査局、OECD(経済協力開発機構)金融財政政策課エコノミスト、日本銀行調査統計局参事などを経て現職。専門は国際金融論、金融論、コーポレート・ガバナンス。 著書に『財政破綻は回避できるか』『国際金融論講義』『中国経済のマクロ分析 高成長は持続可能か』(日本経済新聞出版社)、『メガバンクと巨大生保が破綻する日』(講談社プラスアルファ文庫)、など多数。『為替レートと金融市場』(東洋経済新報社)では日経・経済図書文化賞を受賞した。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終わりなき探求で世界の動きを紐解きたい



1974年京都大学工学部を卒業後、日本銀行に入行。米国ミシガン大学に留学し、81年に経済学博士(Ph.D)を取得。経済企画庁調査局、OECD(経済協力開発機構) 金融財政政策課エコノミスト、日本銀行調査統計局参事などを経て、97年4月から慶應義塾大学商学部教授として教鞭をとられています。専門は国際金融論、コーポレートガバナンス。主な著書に『中国経済のマクロ分析』、『国際金融論講義』、『財政破綻は回避できるか』などがあります。大学でのゼミ、金融の話はもとより、今でも続く趣味のカメラにまつわる話、またその観点からみる電子の可能性まで、語って頂きました。

学生たちとの新たな発見

――深尾先生のゼミはどのような形でおこなっていますか。


深尾光洋氏: 授業は木曜の午後4-5限に2コマ通しでやっています。月曜の4限にサブゼミもやっていて、全部で3コマ。国際金融、企業金融といった感じで金融全般をやっています。私が教えている社会科学というのは社会の仕組みを理解する学問ですが、社会の仕組は法律の建前だけでは機能しません。

制度を本当に機能させているのは、制度の中で生きている人に対するインセンティブです。報酬と罰則のバランスですね。会社の仕組みで言えば、役員は普通、株主総会で選ばれます。しかし会社は株主総会でコントロールされているのではありません。むしろ報酬と罰則の組み合わせとして、経営者のインセンティブを引き出すように仕組まれているのが会社制度です。また、会社が倒産するとはどういうことか。倒産する時、それぞれの利害関係者はどういう立場になるのか、金融機関はどうなるのか。そういった経済の仕組み、中でもミクロ金融に係る部分を教えます。

ただ、金融はマクロも大事です。アベノミクスの効果のように、日銀による金融政策の機能や有効性も重要なテーマです。ミクロとマクロの両面から金融を分かってもらいたいと思っています。2年かけて、それらをカバーするのが目標です。

――金融全般を学生に教えるには、専門家に説明するのとは別の苦労がありそうですね。


深尾光洋氏: 学生に教え続けていると、だんだんどこが分からないのかが分かってきますので、徐々に授業内容はやさしくなっていると思います。最後の到達点は変えないようにしていますが、たぶん私が担当した最初の授業が一番難しかっただろうとは思いますね。大学にくるまでは日銀にいましたが、日銀に勤めている人は、相当程度、金融・経済の常識があります。ある程度分かっている人に難しいことを説明するのは非常に容易です。金融を知らない人に株式と債券の違いなどを説明するのは大変。でも、大学で学生たちに教えていると、どこまでを前提にして話したらいいのか、だんだん分かってきました。また、どこが分からないのかも分かるようになり、それを学生達には説明するようにしています。

――お仕事上、多くのデータを扱うと思います。経済白書を執筆された時など、どのように管理されていたのですか。


深尾光洋氏: 私がパソコンを使い始めたのは1984年でかなり早かったと思います。経済白書の原稿も全てパソコンで入稿しました。当時、経済企画庁はまだガリ版を使っていたのですが、私の場合は原稿そのものをパソコンで打っていましたので、プリントしてそのままオフセット印刷でき、それまでに比べるとだいぶ合理化はしたと思います(笑)。当時はソフトウェアもほとんどないですからね、行列演算や回帰分析などは自分でプログラミングをしていました。面白かったですよ。

写真にハマった中学時代


――プログラミングですか、エンジニアのようですね。


深尾光洋氏: そうですね、元々工学部出身ですし、小学校の頃から図書館にあるSFを読んだりしていましたので、近未来ものとか宇宙ものは結構好きでしたね。小学校の図書館にあるSFに関する本はほとんど全部読んだんじゃないかと思いますよ(笑)。そういった読書の経験から、将来はエンジニアになりたいと思っていました。模型作りが好きで、自分で簡単な図面を引いて、木と紙を使ってギアを入れて動く模型を作ったりしていました。当時、学研から『子供の科学』という月刊誌があって、それを読んで応用して、水陸両用の車を作ったり。そういう意味では理科や図工は好きでしたね。

中学の時に理科部に入ろうと思ったのですが、実体がまったくなくて、部室が隣だった写真部の先輩から勧誘されて写真部へ入りましたが、ハマってしまって(笑)。それからずっと、今でも写真を撮っています。中学の時は自分で撮った写真を現像したり、暗室で引き伸ばしをしたりしていました。写真家も面白そうだなと思いましたが、一緒にやっていた写真仲間のお兄さんにプロの写真家が居て、「写真で楽しもうと思ったらプロになってはいけない」と言われて(笑)、そういうものなのかと思いました。

――プロの写真家ではなく、京大の工学部を選ばれたのは・・・(笑)?


深尾光洋氏: カメラやレンズを親に買ってもらうのに、成績を上げたら買ってくれるということだったので。中学の時に1度、学年トップを取りました。欲しい物があると頑張るんです(笑)。カメラのために頑張って、エンジニアになりたくて京大に。その頃の熱意と言ったらすごいもので、お小遣いも全てカメラにつぎ込んでいましたね。すべてフィルム代と現像代に消えていました(笑)。風景も撮りましたし、クラスメイトも撮っていました。高校時代の写真なんかもいっぱいあります。全部フィルムスキャナーでスキャンしてiPadに保存しています。フィルムだと40年も放っておくと色褪せてしまいますからね。

著書一覧『 深尾光洋

この著者のタグ: 『大学教授』 『経済』 『海外』 『科学』 『可能性』 『紙』 『歴史』 『写真』 『新聞』 『宇宙』 『カメラ』 『エンジニア』 『お金』 『絶版』 『仕組み』 『雑誌』 『経済学』 『経営者』 『政治家』 『プログラミング』 『クラウド』 『リスク』 『写真家』 『エコノミスト』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る