BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

相原孝夫

Profile

1965年生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科博士前期課程修了。マーサージャパン株式会社代表取締役副社長を経て、現職。人材の評価・選抜・育成および組織開発に関わる企業支援を専門とする。経営アカデミー(日本生産性本部)、日経ビジネススクール、早稲田大学エクステンションセンターでの講座ほか、講演を多数行う。 著書に『20代のあなたに、会社が期待していること』(ダイヤモンド社)、『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』(幻冬舎新書)、『会社人生は「評判」で決まる』(日経プレミアシリーズ)、『360度フィードバック―チームを活性化し人材を育てる』(日本経済新聞出版社)など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お客様」のニーズを汲み取る


――ハイパフォーマーのインタビューをされていらっしゃるそうですね。


相原孝夫氏: はい。これは本当にありがたい仕事で、様々な業種の様々な職種の優秀な方々に会えますし、インタビューをしている側としてもとても学びが大きいんです。出版社の編集者の方々も、「いろんな分野の専門家の方と一緒に仕事ができて楽しい」ということをよく言われますが、それと同じような感じです。

――相原さんにとって、編集者の存在、役割はどのようなところにあると思われますか?


相原孝夫氏: 読者と著者を繋ぐという役割だと思います。書いた本がどうすればより多くの読者の方々に手に取っていただけるか、端的に言えば、より多く売れるか、ということに関しては、自分の専門ではないということは分かっていますので、たいていは本のタイトル付けも含め、そのあたりのことはすべて編集者の方にお任せしています。編集方針に関しても、できるだけ口出しをしないようにしようと思っています。著者にとってはもちろん読者がエンドユーザーですが、編集者も顧客というかバイヤーのような存在だと思っていますので、本として出す以上は編集者のニーズを汲み取って、それを満たしていくこと考えなければいけないと考えています。自分では当初違和感があっても、編集者の方針に沿って書いていくと新たな発見があったり、勉強になることも実に多いです。

――編集者とのやり取りの結果、本が良いものになるのですね。


相原孝夫氏: そのやり取りも結構面白いです。『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』の当初のタイトル案は『モチベーションは要らない』だったのですが、編集者の方から提案されたのです。私共は、企業に対して「モチベーションマネジメント」の支援を生業にしているくらいなので、「そういうテーマをよく私のところに持ってきたものだな」と妙に感心してしまいました。あまりに感心してしまったことが一因で結局書くことになったのですが、実際に書いてみると「モチベーション」ということに関してこれまで考えたことがなかった裏側にある新たな側面なども見えてきて、すごく面白かった。その後、「20代の若手社員向けに」というのもやはり編集者案でしたが、書いてみてやっぱり楽しかったです。私も専門性を追求している立場なので、企業人事に関してはある程度の自信を持っています。編集者に会ってみて「この人はしっかりした考えを持っている」とか「一緒に仕事をしてみたいな」と思った方と本作りをするようにしています。「自分とは違う分野の専門家」として編集者を頼りにしています。ハイパフォーマー分析もそうなのですが、優秀な人、何かしらの思いや誇りを持って仕事をしている人と仕事をするのは、学びもあるし楽しいです。

執筆のプロセスは、自己発見のプロセスそのもの


――相原さんにとって、本作りは楽しい部分が大きいのでしょうか?


相原孝夫氏: 職業作家であれば楽しいばかりではないでしょうけど、私の場合は仕事そのものではなく、趣味に近い活動なので楽しんでいます。あるテーマについて書き始めると、四六時中そのテーマのことを考えるというプロセスも楽しいものです。そうすると、それまで頭の中で散らかっていた色々なことがまとまってきて、文字にしてみると「自分はこういう点についてはこういう思考が強いんだな」などといったこと分かってきます。執筆のプロセスというのは、言うなれば自己発見のプロセスそのものではないだろうかという思いが、最近の2冊を書く間に強くなりました。

――電子書籍に関してはどのようにお考えでしょうか?


相原孝夫氏: 今年出した『20代のあなたに、会社が期待していること』もすでに電子化されていますが、私自身はアナログ人間だからなのか、紙が好きなのか、今のところ電子書籍は使っていません。でも、後から見返したりする時に、「便利そうだな」と最近思うようになりました。本を書く時なども、結構多くの本を参照するわけですが、いちいち引っくり返して参照箇所を探すのは骨が折れます。電子書籍ならば、たくさんの本が入っているわけですし、検索ができるのならたいへん助けになると思います。そういう意味で本を書く人に限らず、研究者や学生なども含めて今後のニーズは大きいだろうなと思います。

――今後の活動についてお聞かせ下さい。


相原孝夫氏: 仕事面では今は大手企業を中心に支援をしていますが、もっと全体が見える中堅・中小企業を対象にした方が支援内容のインパクト、役立ちが大きいということもありますので、将来的には中堅・中小へも拡げていきたいと思っています。私個人としては、将来的な希望は2つあります。一つは現在の仕事の延長線上で、60歳ですとか一定年齢を過ぎたら、会社とは別に個人的にボランティアベースでいくつかの企業に関わっていきたいと思っています。商売としてではなく、一個人の活動として可能なあらゆる支援をし、役立つことができて重宝されるようになれたら、それはこういう仕事をしてきた者として本望だと思います。
もう一つは、個人の方、具体的には会社員の方々を対象とした「人事リテラシー」の啓蒙や教育です。たとえば、人事組織コンサルとして関わって企業の人事制度を再構築したとし、それで意図した変革が完了するわけではありません。どんな制度も施策も、現場のリーダーの人たちがきちんと運用してはじめて機能するわけです。しかし、ここが一番難しい。たとえば、「評価者研修をいくらやっても、きちんとした評価ができるようにならない」ということは、企業の人事部の方々がよく言われることですが、それは「人事リテラシー」が備わっていないからです。耕していない土地に種を蒔いても育たないのと同じで、「人事リテラシー」という土壌がないところにいくら教育研修を投入したところで身に付くはずはありません。これまでの企業支援とは若干路線を異にしますが、なんとか機会をつくってそうした方向性を強めていきたいと思っています。今後書いていく本も、多くはこの路線に沿ったものになると思います。

(聞き手:沖中幸太郎)

著書一覧『 相原孝夫

この著者のタグ: 『コンサルタント』 『コンサルティング』 『考え方』 『生き方』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る