BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

相原孝夫

Profile

1965年生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科博士前期課程修了。マーサージャパン株式会社代表取締役副社長を経て、現職。人材の評価・選抜・育成および組織開発に関わる企業支援を専門とする。経営アカデミー(日本生産性本部)、日経ビジネススクール、早稲田大学エクステンションセンターでの講座ほか、講演を多数行う。 著書に『20代のあなたに、会社が期待していること』(ダイヤモンド社)、『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』(幻冬舎新書)、『会社人生は「評判」で決まる』(日経プレミアシリーズ)、『360度フィードバック―チームを活性化し人材を育てる』(日本経済新聞出版社)など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

培ってきたものすべてを、
企業と企業で働く個人のために役立てたい



マーサージャパン代表取締役副社長を経て、2006年にHRアドバンテージを設立された相原さんは、人材の評価、選抜、育成および組織開発に関わる企業支援を専門とされており、「仕事を通して成長できる場づくりを支援する」ということをモットーに企業支援をしていらっしゃいます。著書には、『会社人生は「評判」で決まる』『チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック』『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』『図解戦略人材マネジメント』などがあり、今年1月には『20代のあなたに、会社が期待していること』を刊行しました。今回は、コンサルティングとの出会い、お仕事への思い、また今後の展望などをお聞きしました。

人や組織の可視化に特化したコンサルティングを


――代表を務められるHRアドバンテージでは、主にどのようなお仕事をされているのでしょうか?


相原孝夫氏: 人事組織コンサルティングという仕事になりますが、私共のメンバーは全て、マーサーというアメリカの人事コンサルティング会社の出身です。人事組織コンサルティング会社は主として、評価制度や報酬制度などの人事制度の設計・再構築を手掛けますが、弊社では人や組織の可視化(見える化)を中心に支援しています。Webツールをいくつか保有していて、それにより人材や職場状況を可視化し、それを分析してフィードバックし、人材能力や職場力の維持、向上につなげることに力を注いでいます。
人事の世界はここ10~20年あまり変わり映えしていません。企業では人事制度を見直してみたり、教育研修を繰り返し実施してみたりしますが、それらの打ち手がはたして正しいのかどうか。「勘と経験による人事」などということも言われますが、経営者あるいは人事部の方々の思い込みによる打ち手により、状況が悪くなる場合もあります。ですから、実際にはどういう問題が絡み合っていて、どういう優先順位でどのような手立てを打つのが良いのかということを明確にするためには、まずは現状がどうなっているかを正確に把握することが重要で、可視化することが必要なのです。その可視化に特化したコンサルティングをするために2006年にHRアドバンテージを立ち上げました。

――ご自分の名前でお仕事をされているわけですが、昔から人の上に立って仕事をしたいという思いはあったのでしょうか?


相原孝夫氏: 漠然とした思いはありましたね。子供の頃は野球少年で、友達と公園に集まって野球ばかりしていましたので、その頃の夢はご他聞に漏れずといいますか、プロ野球選手でした。コンサルタントということは、学生時代は全く考えていませんでしたが、中学校の頃には「自分で会社をやる」ということは決めていました。

――「自分で会社をやる」と決めたきっかけは、どのようなことだったのでしょうか?


相原孝夫氏: 家業がありまして、うどんやそばの乾麺を製造、販売する会社を祖父がつくって、父が継いでいました。コンサルタントの立場で今考えてみれば、贈答品市場など、生き延びる道は色々あったと思います。でも「将来性の薄い事業かな」などとその頃は思ってしまい、また自分が商売には向いていないようにも思い、中学2年ぐらいの時に「後は継がない」と父に言ったんです。

祖父のつくった会社を、超えるような会社を


――「継がない」と宣言したことに対して、反対はされませんでしたか?


相原孝夫氏: されませんでした。その後徐々に会社を縮小していって、10年後くらいに会社を閉じることになりました。祖父はどちらかというと事業家肌で、父は職人的というか技術者的というか、自分で色々と研究をして半生麺のようなものを開発したりしていました。タイプは違っても、商売人の道です。自分には商売人は向いていないかなと思ったんです。でも祖父を強く尊敬していましたし、継がないということは、祖父がつくって父が継いだ会社を潰してしまうことになるので、「自分でもその会社を越えるような会社を作らないといけないな」と漠然と思ったわけです。中学の頃に祖父に「なぜうどん屋を始めたのか?」と聞いたことがありました。すると、「他の人たちと同じことをやっていてもつまらないだろ」という答えが返ってきたのです。宇都宮近辺は小麦が採れる土地柄だったので、各家庭でうどんのような形にして食べたりするのは風習としてあったようなのですが、祖父はそれを乾麺という保存の利く形にして販売するという、他の人とは違うことを始めたのです。その時の祖父との会話は、私が「他の人と違うことをやっていきたい」というポリシーともいえる考え方を形成するきっかけとなりました。

著書一覧『 相原孝夫

この著者のタグ: 『コンサルタント』 『コンサルティング』 『考え方』 『生き方』

著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る